カーシェアリングの将来性は?

カーシェアリングの将来性は?

 

日本で導入されたばかりのカーシェアリングは、まだ多くの方に知られていません。カーシェアリングと聞くとどのようなものかはだいたい想像がつくかもしれませんが、レンタカーとの違いが分からない方も少なくないでしょう。カーシェアリングはまだこれから広がっていくと考えられます。なぜならカーシェアリングはそれだけ可能性と利便性が高いものだからと言えるでしょう。

 

カーシェアリングの会員が今後増加していくと、もちろん乗る車両の数も増えます。するとできるだけたくさんのニーズに応えるために様々な車種も増え、乗りたい車両が見つかりやすくなります。車両が増えるとカーステーションも必然的に増えるため、あなたの自宅付近にカーステーションができる可能性も出てきます。

 

もともとカーシェアリングというものは、スイスが発祥の地だと言われています。1970年代から普及しだしアメリカや日本にも普及するようになったのだとか。日本に導入されたカーシェアリングを一番初めに取り扱ったのは、「株式会社シーズ」という企業だそうです。外車専用で展開していたシーズは、カーシェアリングを現代に繋げたと言えるでしょう。

 

今の時代エコ・節約などという意識が高いため、カーシェアリングは時代に合ったシステムだと言えるでしょう。節約はもちろん1台の車をシェアするということは環境にやさしいため、画期的なカーライフの形だと言えます。