キャッシング利用者の平均値

■キャッシング利用者の平均値
キャッシングを利用している人は、およそ1,455万人いるとされています。
これは、20歳以上のおよそ7人に1人の割合で利用しているということになります。
そう考えると、かなりの人数がキャッシングを利用していることが分かります。
ちなみに、これはあくまでも大手消費者金融だけの数字なので、中小消費者金融の数値を考慮するともっと多くの人が利用していると言えます。

 

キャッシングを利用する男女比率に関しては、およそ7:3で男性の方が多いとされています。
最近では女性のキャッシング利用者も増えてきており、それに伴って女性専用のキャッシングプランを設ける消費者金融も増えてきました。

 

年齢別に見てみると、20代が最も多く、次いで30代となっています。

 

職業はサラリーマンから主婦、学生と実に幅広い人が利用しています。

 

●借入金額について
キャッシングでの借入金額は、以下のようになっています。

 

100万円未満:40.4%
100万円〜200万円:13.1%
200万円〜300万円:8.1%
1000万円以上:24.5%

 

このようにしてみると、キャッシングでの借入総額が高額になっている人が想像以上に多いことが分かります。
4人に1人が総額1000万円以上の融資を受けていると考えられます。

 

●初回の平均貸付額
大手消費者金融での初回平均貸付額は、およそ15万円から20万円だと言われています。
これは限度額ではなく、初回に融資を受けた核の平均値です。
ここから、優良顧客だと判断された場合、貸付金額がアップしていきます。