新古車とは

新古車とは

 

新古車とはどのようなものであるのか、ご存知でしょうか。
新古車は中古車の一つに分類されています。
新古車は、外観や内装が新品同様にきれいな状態で、走行距離が1000km未満の車を指します。
新古車は、新車に比べて安く購入できる上に、保障が充実しているというメリットがあります。
さらに、自動車重量税の負担もないため、税金も安く抑えることができます。
それでは、なぜこのような状態の良い車を安価にて販売しているのでしょうか。
新車ディーラーには、難題かの車が展示されており、試乗できるようになっています。
このような車が、一定の期間展示された後に、新古車として売りに出されるのです。
そして、この新古車という名称はふさわしいものではありません。
というのは、自動車公正競争規約においては、不当表示と見なされるからです。
新古車という名称は、新車と誤解されることが多く、中古車とは別物であるような印象を持っている方も多いようです。
新古車は、「中古車」に分類されるので、新車と間違うことのないようにしてください。
また、誤解によるトラブルを避けるために、新古車を「おろしたて中古車」と呼ぶこともあります。
もし、新車が欲しいけれども、高くて手が出ないという場合、新古車を探すという選択肢があります。
ただし、新古車は種類が少ないため、車体の色を指定したり、メーカーオプションは使えませんので、こういった点にも注意してください。