認定中古車とは

認定中古車とは

 

認定中古車とは、正規のディーラーが販売を手掛ける中古車のことです。
品質が高く、充実したアフターケアが受けられるため、納得できる中古車を購入したいのであれば、認定中古車をお勧めします。
認定中古車として販売するにあたっては、厳しい点検整備を行います。
点検内容はメーカーごとに多少異なりますが、一般に、100個もの項目が設けられており、それらの項目に沿って厳しいチェックを行い、問題が見つかれば、補修を行ったり、部品を交換していきます。
このような厳しい基準をクリアした中古車であれば、購入後にメンテナンス費用が高くつくということもほとんどありません。
それに、万が一、不具合が見つかったとしても、無償メンテナンスが受けられるため、余計な費用負担は生じません。
認定中古車は、一般の中古車に比べて価格が高めになっていますが、品質が保証されているため、安心して乗ることができます。
購入後のメンテナンスなどを考慮すれば、一般の中古車よりもお得になるかもしれません。
認定中古車を購入し、大事に扱っていれば、車検でまとまった費用が掛かることもないのではないでしょうか。
もし、中古車を購入して長く乗りたいと考えているのであれば、認定中古車を選ぶことが一番です。
過去には、ある輸入車メーカーの品質が劣った中古車が流通したことがあり、ブランドのイメージが損なわれることもありました。
そのため、ブランドのイメージを損なわないために、認定中古車制度が設けられたと言われています。
そして、日本国内のディーラーにおいても、認定中古車制度を採用するようになりましたが、これは、一般の中古車販売店との差別化を図ることが目的となっているようです。