新電力はオール電化・エコキュートと相性ピッタリ

高齢者や小さなお子様が居る事で、ガスを使用するのが心配という家庭もあります。
そういった点から、家庭内の電力をガスではなく電力で補おうというオール電化ブームが到来しました。
再生可能エネルギーを使用している点から、またガス料金が無くなり光熱費の節約が可能な点からオール電化にした家庭も増えています。
新電力は、オール電化やエコキュートとの相性がぴったりなのです。

 

●オール電化は、一般電気事業者の専売特許とは違う
オール電化を大手の一般電気事業者が扱っているものと思っている人は少なくないかと思います。
当然各電力会社が関連のサービスを供していますが、新電力に変わったとしてもオール電化のお得加減は変化ナシです。
反対に、生活の全てを電力に頼っているので、多少なりとも電気料金の節約はしたいと思うでしょう。
そういった際に、電気料金の安い新電力に替えることによって、節約につながります。
現在はオール電化との具体的な割引セットなどの案内はありませんが、2016年に入れば小売自由化全面的になるので、見込みがあります。

 

●エコキュートは光熱費がどの程度安くなる?
エコキュートは大気熱を使ってお湯を沸かすシステムとなっており、導入する際には初期費用が必要ですが、設備さえ備えれば光熱費はおよそ3割安くなると考えらています。
電気だけに光熱費を頼り、ガス料金は必要なくなるので、節約になるのは必然です。
おおよその人は、エコキュートを導入したことによって満足してしまいがちですが、新電力を選択できる世の中になれば、もっと得が出来ます。
新電力に切り替えることで、全体的に4〜5割程光熱費の節約になるのなら、すぐにでも切り替えたくなりますよね。