コラーゲンだけで小じわ対策は可能か

コラーゲンを使うことで肌にハリが出るとうたっている化粧品などは数多くあります。
ですが、肌にハリを与えてくれるコラーゲン線維とは、実は外側から補うことはなかなか難しいのです。

 

このコラーゲンですが、2種類あります。
1つ目は、肌の奥に存在する真皮層という箇所にあるコラーゲンです。
このコラーゲンは、肌にハリや弾力を生み出してくれます。

 

2つ目は、表皮に存在し、肌を保湿する働きを持っているコラーゲンなのです。

 

外側からコラーゲンを補おうと思っても、真皮層まで行き届かせることができないのです。
しかし表皮で肌の保湿を行い安くはなりますが、シワ対sカウがきちんとできているということとは異なります。

 

シワとは、肌の乾燥が原因で生じるケースがほとんどです。
乾燥してしまうことで、真皮層に存在するコラーゲン線維に傷がついてしまうのです。
また、年齢を重ねたり紫外線からでも、コラーゲン線維は減少しやすくなってしまうため、表皮の保湿を行っても、改善することは困難です。

 

そのため、シワ対策を行いたいと思うのなら、肌の内側から対策することになります。

 

肌の弾力やハリを生成しているエラスチンやコラーゲンの活動が活発的になればいいのですが、生成されにくいとなうと、当然のごとく足りなくなってしまいます。

 

なので、コラーゲンを外側から補うのではなく、肌がコラーゲンを作り出しやすい成分を与えることが好ましいのです。

 

外側から補う際、小じわに至っては改善が期待できますが、深くなってしまったシワなどは、真皮層にまで影響を与えてしまうので、コラーゲンなどの生成を促せる成分を利用するのが理想的です。