ココナッツオイルでアンチエイジングを

ココナッツオイルは、今現在のように普段から食べるようになる前は、美容オイルとして利用されていました。
無論、美容オイルとしての働きが衰えたわけでなく、日焼け止めを含めたスキンケアにはとても良く働いてくれます。
しかし、美容は体の内側から改善していくことが大事です。
そこで、ココナッツオイルを摂ることによって可能なエイジング対策について説明していきます。

 

〇活性酸素を無害に
ヴァージンココナッツオイルには、中佐脂肪酸が豊富に含まれていますが、この脂肪酸は体の中に入るとケトン対に変化します。
ケトン体は脂肪が分解される事で誕生し、炭水化物が体の中で変換されたブドウ糖の代わりのエネルギーになり燃焼される物質の事を言います。
このケトン体には、βヘドロキシ酪酸と言われる成分が入っています。
これによって、エイジング対策に効果的になるのです。
年齢を重ねても若々しさを失いたくない人は、ココナッツオイルを日常的に摂ることを推薦します。

 

〇美白やシワにも効果的
ココナッツオイルには、トコトリエノールというスーパービタミンEの異名を持つ成分が豊富に含まれています。
ビタミンEと言うと、酸化防止の働きが強いので、若返りビタミンとも言われている程です。
このビタミンEを超えるトコトリエノールが豊富に含まれているという事は、エイジング対策に非常に有効と言う事です。
抗酸化作用があるので、美白やシワ対策にも有効に働いてくれるでしょう。