ココナッツオイルに含まれるラウリン酸の働き

ココナッツオイルにたっぷりと含まれているラウリン酸ですが、実は非常に抗菌性が高い成分なのはご存知ですか?
水を油に溶かすと言う性質もあるため、石鹸やシャンプーなどの界面活性剤としても利用される事が多くあります。
石鹸と同じ成分なのに食用にしても問題ないの?と疑問に思う方も居るかもしれませんが、ラウリン酸は母乳やバターなどにも含まれているため、食べても問題ないことが分かっています。
そこで、ラウリン酸の働きについてお話していきます。

 

〇高い抗菌作用
ヴァージンココナッツオイルの成分のほとんどは、ラウリン酸とも言われています。
ラウリン酸は高い抗菌作用を持ち、免疫力を上げる働きがあります。
なぜ抗菌作用が高いと免疫力が上がるのかと言うと、腸の中で悪玉菌を攻撃して善玉菌とのバランスを整えてくれるからなのです。
免疫細胞は腸の内側に多く存在し、腸内の菌のバランスが乱れて腸内環境が悪化すると免疫細胞の働きも衰えてしまいます。
腸内環境が整うと免疫細胞も活発化するため、病原菌に負けない健康的な体が作れるのです。

 

〇母乳にも含まれているため安心
ラウリン酸は、母乳にもたっぷりと含まれています。
生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が非常に弱いです。
そのため、母乳を飲むことによって外敵から体を守らなければなりません。
母乳に含まれているラウリン酸の抗菌力によって赤ちゃんを様々な菌から守るように、ココナッツオイルに含まれているラウリン酸も体を攻撃してくる菌から保護してくれるのです。
化粧品としてココナッツオイルを使うと、ニキビの悩みにも効果的と考えられています。
他にも、か弱い赤ちゃんが摂っても安心で問題が無い成分なので、ココナッツオイルを普段から摂取しても安心なのです。