ラクトバチルス属の乳酸菌

ラクトバチルス属の乳酸菌を、どこかで耳にしたことがありますか?
数多くの種類が乳酸菌にはありますが、特に人間の健康や食生活と強い繋がりがあるものが、ラクトバチルス属の乳酸菌なのです。
当然人間の腸内にも存在し、乳製品や漬物を作るときにも昔から使われていました。
このラクトバチルス属は、単一の種類ではなく、複数の種類があります。
普通乳酸菌と言うとこの「ラクトバチルス属」を示しているものが多く、そういった事でも慣れ親しんでいると言えます。

 

・親しみのある乳酸菌

 

今、ラクトバチルス属の乳酸菌は約70種類程度に分類されており、一般的に知名度のあるものと言うとヨーグルトなどに利用されているブルガリクスやアシドフィルス、ガセイ、ガッセリーなどです。
また、ラクトバチルス属の乳酸菌は善玉菌としても最も知られています。
特にアシドフィルスやブルがリスクは、健康的な体になるためにも重要となるものです。

 

・ラクトパチルス属の乳酸菌はどうしたら摂れる?

 

ヨーグルトなどを作る時に使われることが多いラクトバチルス属の乳酸菌は、企業や研究機関での研究開発がどんどん進み、今では数多くの新種培養や選別がされています。
その中に、カゼイ・シロタ株やガセリ菌SP株などのように、ある特定の乳製品で使用されている菌もあるのです。
このようにラクトバチルス属の乳製品を摂ろうと思ったら、それが使用されているヨーグルトを食べるという手段が一番多く考えられるでしょう。
しかし、糖質や脂質が少ないとは言えないヨーグルトを日常的に食べるのを気にしたり、乳製品が苦手という人も少なくは無いでしょう。
そんな際には乳酸菌サプリメントがありますよ。

 

・スッキリの毎日にラクトバチルス

 

ラクトバチルス属の乳酸菌は、乳酸菌の中でもと特に身近な存在であり一般的な菌です。
人の腸内のみでなく、普段からよく食べられているヨーグルト、チーズ、漬物などの食物にも採用されているので、知らぬ間に摂取していることも多いです。
しかし、ヨーグルトなどを過剰に摂取することは様々な不安があります。
ですので、効率的で意識して乳酸菌を摂取したいと考えたら、乳酸菌サプリメントが望ましいと言えます。